• Chako

Lean StartupのEric Riesさん講演会に行ってきました


昨日、サンフランシスコのコモンウェルス・クラブで行われたEric Riesさん講演会に行ってきました。日本でも翻訳版が出ている2011年発行のLean Startupの著者。

http://amzn.asia/44MBnOK

この本が中々面白かったので講演会は早速申し込んだのだけど、今回は新著The Startup Way(スタートアップ・ウェイ)の出版記念講演といったところ。こちらはまだ新しいので和訳されてないです。

http://amzn.asia/81iW3Pa

Lean Startupと言う前著はかなり有名になり、全米のMeetupなどでLean Startupムーブメントが起こった、と言うことは聞いていたけど、Lean Startupムーブメントでは、実はスタートアップでだけでなく大企業とか、もとはスタートアップだったが、大きくなってしまいカルチャーが変わりどうしていいか分からない、なんていう会社にもアドバイスしているそうです。

大企業病(GEの例ーこれは新作著書に出てくるそうだけど、中々面白い話)

たとえばGEの例では、開発プロジェクトの際に「25年後までの売上げ予想を立て、完全に計画してから5年間の開発期間、それが終わってからセールス」

だったのを

「まず6ヶ月で今ある製品からちょこっと変更、まず試作の一機を作ってそれを1顧客に販売」

に変更。

GEの内部では当初当然、抵抗があったそうだが(「数千億単位の商売をするのがGEの常なのに一機売ってどうするっていうんだ!」)、これがつまりリーン・スタートアップのメソッド、Rapid Experimentation(速攻実験)というんだそうですが、あまり計画に時間をかける前にまずちょっとでも実験的に作ってしまい、それを一つでも売ってしまい、それでニーズがあるかどうか確認。

5年かけて開発した後に「市場ニーズがなかった!」と言うことを発見するよりよっぽどまし、と言うことのようです。

当初のGEの話(計画が壮大、開発期間が長い!)は、大企業病って日本だけじゃなくて、アメリカのイノベーションの筆頭のような大企業もそうなのね、と思っていたけど、こういう若いスタートアップ・コンサルタントの提言をすぐに取り入れて本当に「一機開発して即座に売る」を実行するところは、流石にGE、なのでしょうね。



著者について

 

 

在米30+年、サンフランシスコ近郊在住の金融戦略コンサルタント。主に日本の金融業向けに米国フィンテック事情・フィンテック・ベンチャーを参考とした金融イノベーション戦略、ベンチャー提携サポートを提供。

証券・銀行・投資業務・フィンテック・ベンチャー参加を経て独立。

東京外国語大学卒業、スタンフォード大学MBA。

 

ダイエットに苦戦中。

YouTube チャネル

Facebookページ:https://www.facebook.com/candoadvisors/


Linkedin Profile: www.linkedin.com/in/chakoando/

​詳しい経歴はこちら

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

ADDRESS

無料レポート・ニュースレターなどを登録頂いた方にお送りしています。ご登録いただいた「メールアドレス」は、個人情報の観点により、プライバシーは完全にお守りいたします。また、いつでもワンクリックで解除いただけます。

2315 Lincoln Ave.

Alameda, CA 94501

©2017 by Cando Advisors LLC. Proudly created with Wix.com